チャイクレさん、いらっしゃい!

チャイニーズクレステッドドッグ(通称チャイクレ)の龍馬と暮らすことになったダメ飼い主が贈る、チャイクレ好きのための情報ブログです。愛犬便利グッズの情報をはじめ、くだらない小ネタまで幅広くお伝えします!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛犬とタクシーに乗る!

タクシーに乗る際にもちょっとした工夫が必要です。
工夫をするとしないじゃ、運転士さんの態度が全然違います!
これも、私の実体験です。


タクシーでおでかけのPoint】

(1)出来れば流しのタクシーには乗らない
絶対ではありませんが、流しの空車をひろって乗ると、物凄く嫌な気分を味わうことがあります
運転士さんの中には動物嫌いの方、動物アレルギーがある方もいらっしゃいます。
そんなタクシーをつかまえて乗ってしまうと、高確率で嫌事を言われます。
乗車拒否される場合もあります。

私は、ペットカートで出掛けている時に拾ったタクシーの運転士さんに「ベビーカーだと思ったから止まったのに、かぁー」と非常に迷惑そうな顔で言われたことが多々あります。

龍馬はカートから外したキャリーバッグの中で、その中から一切出さない。
キャリーバッグは足元か自分の膝の上で、座席シートには乗せない。
どれだけ私自身が気を配ったとしても、嫌いな人にしてみれば同じ空間にがいることには違いありません。

嫌な顔をされるのも、嫌事を言いたくなる運転士さんの気持ちも理解できます。
目的地まで十数分を何とも言えない気持ちで過ごし、タクシーを降りる際にはお詫び。
楽しいハズのお出かけも、急にストレスフルなお出かけになります。
仕方がないことだと分かってはいても、実際にそういう場に遭遇すると、結構ショックを受けます。

同伴でタクシーに乗らなければこんな気持ちにならずに済みます。
でも、タクシーを利用したほうが便利なこともあります。

嫌な気分を味わいたくなければ、流しのタクシーには乗らない方が賢明です。
もし、流しのタクシーをひろって愛犬を同乗させる時は、タクシーに乗る前に運転士さんに「犬も一緒ですが大丈夫ですか?」と確認するのが無難
それで許可をくれたとしても、犬好き又は犬同乗を歓迎してくれているとは限りません。
嫌事を言われる覚悟はしておいたほうがいいです。



(2)タクシーに乗るなら送迎がベター
これまでの経験上、愛犬と一緒にタクシーに乗るなら、あらかじめタクシー会社に連絡をして犬が同乗することを伝え、迎えに来てもらうのがベストです。
そうすれば、乗る側・運転士さん共にストレスが減り、トラブルはかなり回避できます。

運転士さんが犬好きだったり、ご自宅で犬を飼っていたりするケースもあります。
そうすると、車中は愛犬談義で盛り上がり、移動時間も楽しくなります。
そんな運転士だと、カートをトランクに積む際も、それを降ろす際もとても親切にしてくださいます。
時には嫌事を言う運転士さんに当たることもありますが、その確率は低めです。



(3)使うタクシー会社を決めてしまう・運転士さんを指名するのがベスト!
愛犬同伴でタクシーに乗る際は、贔屓のタクシー会社に電話をしてお迎えに来てもらう。
これが一番トラブルがありません。
愛犬同伴時に利用するタクシーの会社をひとつに決めてしまうと、運転士さんともお馴染みになりやすく、割と融通がきくようになります。
例えば、愛犬の調子が悪いから車を止めて欲しいなどの要望にも、嫌な顔ひとつせず笑顔で対応してくださいます。
中にはカートの組み立てを覚えて、トランクから降ろしたカートを開いてくださる運転士さんもいらっしゃいます。
移動の車中の雰囲気も重くなることはありません。

また、時間に余裕があるのなら、運転士さんを指名してしまうのもアリです。
お馴染み度が高い分、自分自身だけでなく、犬自身のストレスもグッと減ります。
運転士さんによっては愛犬に話しかけてくれたり、なでてくれたりもします。
とても些細なことですが、飼い主にとっては嬉しい光景です。




【 余 談 】
愛犬同伴でタクシーを利用する際は、次に乗る方のことを考えて乗りましょう。

犬をキャリーバッグの中に入れていても、抜け毛が座席シートについてしまうことがあります。
タクシーの運転士さん曰く、その抜け毛の掃除がとても大変なんだそうです。
抜け毛が多いコの場合は特に、必ずお洋服を着せてコロコロ(粘着テープ)を持参してください。

また、いくらお馴染みのタクシー会社・運転士さんができたとしても、甘えは厳禁
座席シートの上に犬をそのまま乗せることは絶対にしてはいけません。
マナー違反です。
「うちのコは綺麗だ」と思うのは飼い主さんだけ。
いくら犬好きでも、よその家の犬の臭いや抜け毛にまで寛容な人はそういません。
犬は必ずキャリーバッグの中に入れて、座席シートを汚さない配慮を。


電車・バスなどの公共の乗り物と同様に、マナーの悪い飼い主さんが増えれば、今後、愛犬同伴乗車が難しくなる可能性も十分にあります。
「ちょっとだけなら」とか、「私だけなら」という考えはサッパリ捨ててください。
世の中には犬嫌いな方・動物が苦手な方もいることを忘れないでください。




Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

| 愛犬と一緒におでかけ! | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

このブログに託す想い

久々に個人のブログを書くことにしたはいいけれど、(ペット)ネタは難しい。
やっぱりなぁ・・・って感じではあるんですけれどね。

ともすると、単なる愛自慢になりかねない。
自分ではそう思っていなくても、です。
それだけは避けたいというのが、今の正直な気持ちです。

子育て論(しつけに対する考え方)、ペットに対する価値観(家族or家畜)の違い。
」に対する考え方は、どれをとっても恋愛観以上にデリケートで千差万別です。

このブログを見に来られた方々に一切の不快感を与えず、穏便にやり過ごすこともできます。
でも、それだとどうしても個人としての意見は書きにくい。
それに、そんなブログはあまりにもありふれていてつまらない。
だから、意見には個人差があることを前提にこのブログを読んで頂けると幸いです。


私は、偉そうなことが言える身分ではありません。
それに、と暮らすようになってまだ数年しか経っていない初心者です。
(猫との暮らしは十数年のベテランですが・・・)

でも、と暮らすようになって本当に沢山のことを知りました。
その中で、一番衝撃的だったのは飼い主=オーナーのスタイルの違いです。

単なるペットとして「買った」人。
家族としての意識を持って犬を「飼っている」人。
動物と人間の共存を考え、犬と共に「暮らしている」人。

世の中から見れば、どれも犬の飼い主=オーナーであることに違いありません。
でも、その中身は明らかに違います

面白いものでマナーの悪い飼い主のもとで育った犬は大抵がマナー知らずです。
でもね、犬は何も悪くない。
だって、しつけられていない=教えられていないんですもの。
悪いのは、何も教えない=しつけない飼い主です。
ですが、悪者にされるのはいつだって犬たちです。

「うちのコ、気性が荒くて噛みつくの~♪」
飼い主は周りにそう言えばいいと思っているのかもしれません。
でも、もしもその犬が人間や他の犬を噛んだらどうなるでしょう?
最悪の場合、裁判の上、保健所送り=殺処分です。

「うちのコは噛むって忠告をしたのに、それを無視した相手のほうが悪い」
本当にそうでしょうか?
自分の犬をコントロールできない飼い主自身に責任はないのでしょうか?

「ちょっと噛まれたくらいで大騒ぎしすぎよ!」
あなたの愛犬やあなた自身が知らない犬に噛みつかれても、同じことを言えますか?

もし、愛犬があなたの指示に従わないのなら、それは信頼されていない証拠です。
愛犬から「この人がボスだ!」と認められていない証拠です。
だから犬は自分で自分の身を守るために、誰かを噛むのです。
自分を守ってくれる、信頼できる「ボス」がいないから・・・。

犬を買うことはとても簡単です。
でも、犬を飼うのは大変です。
そして、犬と暮らすというのはもっともっと大変で面倒で、気遣いが絶えません


日本国内のペット総数は、15歳以下の子どもの数を上回るようになりました。
今後もペットの数は増えていくと予想されます。
これまでのペットとの関わり=価値観を見直さないと、犬と暮らしにくい世の中になる。
私にはそう思えてなりません。

だからこそ、このブログを読んで下さる方には分かって欲しい。
少しでもいいから、犬と共に暮らすことを真剣に考えてほしい。
犬と人間が共に心地よく暮らせる社会を目指して、自分にできることからトライして欲しい。
そう強く願います。
関連記事

| 筆者:ダメ飼い主がモノ申す | 17:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。