チャイクレさん、いらっしゃい!

チャイニーズクレステッドドッグ(通称チャイクレ)の龍馬と暮らすことになったダメ飼い主が贈る、チャイクレ好きのための情報ブログです。愛犬便利グッズの情報をはじめ、くだらない小ネタまで幅広くお伝えします!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「迷子札」と「犬鑑札」はオーダーにかぎる!

先日のブログでも少し触れましたが、鑑札の着用は義務です。
そして、狂病予防注射済票も一緒に装着させることが義務付けられています。

これらはカッコイイとか悪いとか、ジャラジャラうるさいとか、大き過ぎるとか、そういう諸問題とは無関係に、愛の首につけておかなきゃいけません。
だって義務だもん。
でも、ちゃんと鑑札をを付けているわんこって、本当に少ない。

私もいち飼い主として、その必要性も含め、思うところが色々とあります。
特に私の済む杉並区の現在の鑑札は、デザインもカタチもイケてない。

あんなゆるキャラグッズみたいなの、龍馬の首からぶら下げたくありません。
それに、デザインに合わせてプレートを切り出した結果、妙なカタチに。
これじゃ、ヘアレスのようなコの場合、皮膚への負担が増すばかりです。
飼い主の気持ちなんて、全然考えられていません。
悪いジョークとしか言いようがない。


とにかく、誠に残念なリニューアル結果です。

⇒ 「それでいいのか、杉並区?!」を読む・・・


けれど、国が義務だと定めているのなら、最低限のルールとして受け入れなきゃいけない。
鑑札着用の正統性・義務の必要性は十分に理解ができますしね。
でも、あのデザインを強いられることには理不尽さ不快感を覚えます。

幸い、龍馬の分は、妙ちくりんなモデルチェンジ直前に入手したので、従来の犬鑑札です。
武骨でデカいやつです。
デザイン自体はシンプルで悪くはないと思います。
でも、これを首からぶら下げると、鑑札が大きすぎて邪魔です。


国の課した義務と飼い主としての気持ち。
その両方の条件を満たした迷子札&犬鑑札にするなら、オーダーしかありません。




・・・ということで、私は龍馬サイズの犬鑑札をオーダーしました。


オーダーすれば、犬鑑札もこんなにコンパクトに!


オーダーしたのは迷子札の裏面に鑑札番号を刻印できるタイプの商品。
龍馬の名前と鑑札番号のほか、私の電話番号もこの小さなプレートの中に刻まれています。
画像だとちょっと分かりずらいですが、刻印文字もしっかりしています。
小さいので邪魔になりませんし、シンプルなのでファッション性を損なうこともありません。

こちらの迷子札と犬鑑札がひとつになったモノは、いるみなやさんで購入。
オプション込みで確か1,200円程度だったと記憶しています。

色々と探してみましたが、シンプルかつコンパクトで情報をしっかり記載できる迷子札を作っているところは、当時、いるみなやさんしかありませんでした。
多分、今もそうだと思います。

デザイン性が高い迷子札なら、探せば沢山あります。
でも、それじゃぁダメ。
デザイン最優先の迷子札に書けるのは、犬の名前と電話番号くらいなもんです。
肝心の個体識別番号=犬鑑札の記号番号の打刻は出来ません。
そうなると、迷子札とダサい犬鑑札、2つを首からぶら下げることになっちゃう。
それが嫌だからオーダーするのに、本末転倒、意味がありません。


龍馬は現在、楕円プレートタイプの漢字マークの迷子札の裏に鑑札番号を打刻して頂いたものを愛用しています。
迷子札面には龍馬の名前と私の電話番号が書かれています。
犬の名前が分かりやすいように、「龍馬」と書かれている下にローマ字表記も付けました。
これなら外国人の方でも龍馬の名前が分かります。
カタカナやひらがな、漢字だけだと、それを読めない人が犬を発見した場合に困りますからね。


自分の首にぶら下げたくないものを愛犬の首にぶらさげるなんて、私にはできません。
一昨年の今頃、迷子札と犬鑑札のダサさに愕然とし、迷子札&犬鑑札オーダーのためにあれこれ調べまくった日々を懐かしく思います。
関連記事
スポンサーサイト

| 筆者:ダメ飼い主がモノ申す | 18:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。