チャイクレさん、いらっしゃい!

チャイニーズクレステッドドッグ(通称チャイクレ)の龍馬と暮らすことになったダメ飼い主が贈る、チャイクレ好きのための情報ブログです。愛犬便利グッズの情報をはじめ、くだらない小ネタまで幅広くお伝えします!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

飾り毛が少ないチャイクレが多くなってきた?!

オレは毛が多すぎるらしい・・・


ヘアレスのチャイクレの魅力は何と言っても宝石のような輝きをもった素晴らしい飾り毛。
手足や耳、尻尾にあるシルキーな飾り毛が風になびく姿は本当に優雅です。

けれど、最近は飾り毛が少ない、飾り毛自体がないチャイクレが増えてきているそうです。
ショータイプのコも含めてそうだというからちょっと驚き・・・。

その原因は様々で、アレルギーや酵母菌の増殖、脂肪の塊の増加などが挙げられています。
また、ストレスから手足の毛を自分でむしってしまうコもいるとか。

いずれも早期発見と日頃のケアで改善できます。
小さな変化に気付いてあげられるのは飼い主さんだけ。
1日数分でも構わないので、愛犬ときちんと向き合う時間を設けたいものです。

ちなみに、我が家の龍馬はヘアリーヘアレスですが割と毛がいっぱいです。
顔のバリカンは必須ですが耳と頭は生やしっぱなしで、耳は垂れてます。
子どもの頃はちょっと立ってた耳も、毛量が多いとやらで今となっては・・・。
とにかく、「チャイクレとしては完全に規格外でしょ?!」って具合。

まぁ、可愛ければ何でもいいというのが本音ですw


にほんブログ村 犬ブログ チャイニーズクレステッドドッグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| チャイクレってどんな犬? | 01:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チャイクレはアレルギーにならない?!

アレルギー症状が酷く出る場所はココ


チャイクレはアレルギーになりにくい犬種だと言われているようです。
けれど、この情報は実に疑わしいものです。

実際、我が家の愛犬・龍馬には食物性のアレルギー(とうもろこし)があります。
その他にブタクサなどにもアレルギー反応があります。
けれど、1歳頃までは割と軽症で、深刻に考えることもありませんでした。

アレルギーをはじめとした皮膚トラブルが酷くなったのは3歳を迎えた頃から。
アレルギーが出ると、それでなくても繊細な肌が余計に敏感反応。
目や顔の周りは赤く腫れたようになります。
・・・本当に困ったものです。

皮膚が露出している部分が多いチャイクレは、基本的に皮膚トラブルが多い犬種。
些細なことがキッカケでアレルギーに悩まされる可能性は高いと思われます。

アレルギーは特定犬種に起こるとか、起こらないというものではありません。
どのコにも起こる可能性があります。
また、アレルギーの原因物質(アレルゲン)は個体ごとに違います。
そして、アレルゲンは様々なものが考えられます。

実体験から申し上げると、アレルギーなどのトラブルを起こすコは、胃腸の環境があまり良くないことが多いようです。特に皮膚に様々な症状が出る場合は、腸内環境のバランスが悪い可能性があります。

チャイクレに限らず、昨今のワンコたちは、強度のアレルギーでなかったにせよ、何らかのトラブルを抱えているコが圧倒的に多いように感じます。

アレルギーや皮膚トラブルを起こさないようにするためには適切な食事(十分な栄養をとる、粗悪フードを食べない)、住環境(清潔に保つ、シャンプーをしすぎない)、運動(しっかり散歩をする)の3点に気を付けた生活が大切です。


<アレルギーを発症しやすいと言われる犬種>
・テリア系(ウエストハイランドホワイトテリア/ワイアーフォックステリア)
・シーズー
・柴犬
・ゴールデン・レトリバー
・フレンチブルドッグ
・ダックスフント(ダックスフンド)



にほんブログ村 犬ブログ チャイニーズクレステッドドッグへ
にほんブログ村

| チャイクレってどんな犬? | 18:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チャイクレ独特の黒いボツボツ(ぶつぶつ)の正体は?!

オレ的にはちーっとも気にならんけど・・・?

チャイクレと暮らしているオーナーさんなら必ず見たことがあるはずです。
愛犬の毛穴からニョキっと顔を出す、角栓のようなあの黒い物体を。
さてさて、この黒ニョッキの正体とは一体何なのでしょうか。

チャイクレ(チャイニーズクレステッドドッグ)はまだまだ珍しい犬種。
だからでしょうか。
獣医さんでもチャイクレの体の黒いボツボツを正しく説明できないことが多いようです。

龍馬と暮らしだしてすぐの頃のこと。
この黒ニョッキの正体を突き止めたいと獣医さんに聞いたことがあります。
その回答は「毛穴に詰まったヨゴレではないか」とのこと。
あくまで推測の域だと言われた後、薬用シャンプーを勧められた記憶があります。

その時の獣医さんに言いたい。
間違った説明をしちゃイケマセン!
知らないなら知らないって言わなきゃダメです!
推測の域で薬用シャンプーを勧められるのは困ります!




(1)ニョッキの正体は「毛根」and「脂肪の塊」

チャイクレの体に現れるぶつぶつは、本来毛が生えるべき毛穴に見られます。
このぶつぶつ、黒いもののほかに白いものもあれば茶色いものもあります。
一般に、白っぽいものは脂肪の塊だと言われています。
一方、黒っぽいものは被毛になれなかったもの、毛根のようなものだと言われています。

ボツボツ(ぶつぶつ)の色は被毛の色によっても若干違うようです。
ちなみに、黒ニョッキは毛穴から顔を出していることが多く、簡単に指で押しだせます。
皮膚を傷つけなければ、これを押し出して遊んでも、全く問題ありません♪



(2)チャイクレの体にオイルを塗るべからず!

チャイクレは被毛がない(少ない)ため、体から汗(脂)を出し、皮脂で皮膚を守ろうとします。
そのため、他犬種に比べ皮膚が脂っぽく脂肪の塊やニキビができやすいと言えます。
ところが、一般的な飼育マニュアル情報などを見るととんでもない記述が!
「乾燥に気を付けろ」だの、「ベビーオイルを体に塗れだの」と書かれています。

実際にチャイクレと暮らすオーナーとして言っておきます。
皮膚が露呈しているチャイクレの皮膚は非常に繊細で乾燥しやすいのは確か。
でも、良く分からない保湿剤やベビーオイルを塗り込むのはナンセンス。
毛穴がふさがれニキビが増えるなど、皮膚トラブルを助長するだけです。


保湿剤をあれこれ塗るより、皮膚を清潔に保つほうがよっぽど効果的です。
ベビーオイルを塗りたくられたチャイクレなんて、気の毒でしかありません。



(3)時に大きく成長しちゃうニキビ君

毛になるべきだった毛根(黒ニョッキ)部分に、たまたまニキビが出来ることがあります。
すると、とんでもない事態が起こります。
脂肪の塊(白ニョッキ)がその毛根(黒ニョッキ)を巻き込んでスクスクと成長。
あっという間に、立派なデカニキビに成長してしまいます。

龍馬もコレで何度も病院に通っています。
今までで一番育ったニキビは高さ5mm、直径1cmほどのもの。
これが出来た時はさすがに切開しかないかもしれないと思ったほどです。
(結局、ニキビを潰して皮膚を清潔に保つことで治りました)

小さいものなら慣れてくれば自分でも潰せます。
でも、雑菌が入って化膿する可能性もありますので細心の注意が必要。
不安がある場合は、自己判断で潰すより獣医師に相談したほうが無難です。

チャイクレのニキビを完全予防することは、犬種の特性上、正直難しいかもしれません。
けれど、食生活を改善するなど、対策や方法がないわけではありません。

過剰な皮脂分泌が原因でニキビが出来る場合は、肌が乾燥していることを疑って。
保湿効果のある無添加ローションなどを使って皮膚に潤いを与えてください。

乾燥気味なのにブツブツがいっぱいできるようなら、腸内環境の改善を。
食事療法でニキビなどのできものの出現率はぐっと低くなります。



(4)ニキビ予防は清潔がイチバン?!

ニキビ予防のために「清潔に保つ=洗う」のが良いように思われがちです。
でも、そうとばかりは言えません。

皮膚を清潔に保つことは確かに大切です。
けれど、洗いすぎは乾燥を助長し、皮脂分泌を過剰にしてしまう可能性があります。
特に薬用シャンプーで頻繁に洗うなどもってのほかです。
そんなことをしたら、皮膚に余計な負担をかけてしまいます。

皮膚を清潔に保つ方法は、何もシャンプーだけではありません。
水洗いだけでも、体を軽く拭くだけでも実は十分効果があります。

ニキビが出やすいのは、皮脂分泌が活発な場所。
首の後ろ側や背骨に沿ったライン、太もも付近、股あたりです。
比較的ケアしやすい場所ですので、こまめにお手入れをしてあげてください。
その際、保湿効果のある無添加スプレーを使うとケアが簡単に行えます。
(最近は汚れを落としながら保湿もできる優秀なブラッシングスプレーもあります)



(5)薬用シャンプーで皮膚トラブルが酷くなる?!

動物病院に行くと皮膚トラブルのあるコは大抵「薬用シャンプー」を勧められます。
けれど、私は薬用シャンプーで効果を実感したことは一度たりともありません。
むしろ皮膚トラブルが悪化、愛犬の肌に負担をかけているだけのように感じます。

薬用シャンプーは合成シャンプーの成分に化学薬品が配合されたものが多いそうです。
では、合成シャンプーは何で出来ているのでしょう?
殆どが石油系界面活性剤や合成化合物、アルコール、酸類などからできています。

だとすれば、薬用だろうがなんだろうが、体に良いはずがありません。
「超低刺激」「犬の皮膚に優しい」などのうたい文句は、実は全く根拠がないのです。

薬用シャンプーを使うと、皮膚の弱い私の手はカサカサになります。
龍馬の肌も一時的には良く見えても肌荒れが酷くなります。
それだけ強い刺激成分が含まれているということです。

犬の皮膚は人間の3分の1程度の薄さ。
人間より皮膚が薄く繊細な犬の体に、人間ですら刺激を感じるシャンプーを使う。
そんなことをすれば、刺激が強すぎて炎症を悪化させるのは当たり前です。
それなのに何故薬用シャンプーばかりを勧めるのか、正直解せません。

もちろん、薬用シャンプーでも大変効果的なものもあるかもしれません。
けれど、ベースが合成シャンプーなのならお勧めできません。



(6)ゴシゴシ洗いは皮膚トラブルの元!

黒ニョッキや白ニョッキなどのぶつぶつが気になるからと言ってゴシゴシ洗うのはNG。
ゴシゴシ洗ったからと言って、ブツブツが減るわけではありません。
むしろ、ゴシゴシ洗えば洗うほど犬の皮膚は傷つき、バリア効果を失っていきます。
また、必要な皮脂まで洗い流してしまった結果、過剰な皮脂分泌を引き起こすことも。

スキンバリアが壊れた皮膚は外的刺激をモロに受け、皮膚トラブルを助長します。
皮膚に優しく洗浄効果が高いシャンプーなら優しくマッサージするだけで十分です。
マイクロバブルのシャワーヘッドなどを併用すると、より一層効果的です。



(7)どうにもならい事態になる前に・・・

・dog-clinic.com
犬のアレルギー疾患の名医が管理するサイトです。
様々な皮膚トラブルに関する情報がありますので、興味のあるかたは是非。
友人の愛犬が酷いアレルギーで、どこの病院にいっても改善がなく、インターフェロンてんこ盛りの生活でしたが、ココの先生の診察を受けインターフェロンともバイバイ、皮膚の赤みやかゆみなどがみるみる改善しました!



(8)手軽にトライ!オススメ皮膚ケアアイテム
病院を受診するまでではないけれど、皮膚トラブルが気になる。
そんな方にオススメなのが、以下2点。
いずれも保湿効果があるのにベタつかず、安心・安全な商品です。
2点とも私自身が愛犬・龍馬の日々のケアで使っているアイテムです。

■ニャンでもワン


安全性:★★★★★
使用感:★★★★☆
保湿感:★★★☆☆
応用性:★★★★★


皮膚トラブルだけでなく、様々な効果が期待できるスグレモノです。
飲んでも大丈夫という商品ではなく飲用効果がある商品で、安全性はピカイチ。
フードや水に混ぜて与えると腸内環境の正常化にも役立つのだとか。
目や口にも使えますので、臆することなくガンガン使えます。
水ベースの商品なので、劇的な効果が期待できるとは言えません。
けれど、安心安全に徐々に効果を実感できる商品です。
顔バリの後にこのスプレーをシュッとひと吹きで、バリカンまけも軽減します!
メーカー・購入:株式会社PoPiPePa


■Pet-Cool/シルク&コラーゲン

PET-COOL

安全性:★★★★☆
使用感:★★★★☆
保湿感:★★★★☆
応用性:★★☆☆☆


体を清潔に保ちつつ保湿をするという目的に特化している商品。
保湿効果を狙って開発されたものなので、ヘアレス犬にはとっても有難い一品。
こちらも水ベースなので、飲んでも目に入っても大丈夫。
でも飲用効果はありません。
同シリーズの「ボディーケア」と併用することで相乗効果を発揮します。
メーカー・購入:株式会社BellWoods

にほんブログ村 犬ブログ チャイニーズクレステッドドッグへ
にほんブログ村

| チャイクレと暮らす注意点 | 03:56 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬を乗り切る!<§3:温度管理>

寒い時は毛布がイチバン・・・zzz

チャイクレ(チャイニーズクレステッドドッグ)は毛無し犬。
だから、冬になると何かと過保護になりがち。
けれど、大事にしすぎることで犬が本来持つ能力を低下させてしまうことも。
室温(温度)と体温の管理は割とざっくりなほうが犬にとっても人間にとっても先々がラクです。
人間もそうですが、体を甘やかしてしまうと寒さへの耐性がなくなってしまいますのでご注意を。


<§3:温度管理>
■体温管理は大雑把でも大丈夫!
大きな寒暖差は犬の体にも堪えます。
家の中と外とで寒暖差が大きくなり過ぎないように気をつけます。
けれど、実際は割と大雑把でも大丈夫。
寒さに負けない体力作りを心がけて暮らす方が、長い目で見ると互いにストレスが少ないように思います。

寒そうだからとお洋服を沢山着せ過ぎるのはダメ。
部屋にいる時は薄着が鉄則です。
また、お洋服の着せっぱなしもNG。
皮膚のターンオーバーを阻害する可能性もありますので注意してください。

暖房をつけている室内なら「すっぽんぽん」でも問題ありません。
むしろ、肌の乾燥にさえ気をつけていれば、健康のためには素っ裸のほうが◎
ちなみに、我が家の龍馬の場合、自宅では割と素っ裸です。


■室温(温度)管理より湿度管理を!
普段おうちに一緒にいる時は、人間が快適だと感じる範囲でOK。
犬のために、わざわざ暑すぎるくらいに室内を温める必要はありません。
人間がやや肌寒いかなぁーと思う程度でも大丈夫です。

お留守番をさせる時は動物用のヒーターか、ホットカーペットをつけておけば十分。
併せて毛布を与えておけば、自分で何とか工夫して暖をとろうとします。

エアコンを付けっ放しにするというのもナシではありません。
けれど、凍死してしまうほど外が寒い地域や時期を除けば実はその必要もありません。
部屋着を1枚着せてあげたほうがエアコンの付けっ放しよりエコで、犬にとっても快適です。

エアコンやヒーターを使う季節になると室内の空気が乾燥し、静電気が起きやすくなります。
一般に湿度20%以下、温度25℃以下になると静電気が発生しやすくなると言われています。

乾燥も静電気も、犬たちにとって心地良いものではありません。
脂っぽいくせに乾燥しやすいチャイクレの肌のためにも、湿度は最適な数値で保ってあげて。
とはいえ、厳密に湿度が何%でないといけないというルールはありません。
あまり細かく考えず、冬になったら加湿するようにする程度でいいと思います。

我が家で愛用中のBAN-YUのアロマアイテムとkazの加湿器♪

加湿器やアロマアイテムなどを使えば簡単に室内の湿度を上げることができます。
乾燥している部屋より最適な湿度を保った部屋のほうが、人間も犬も暖かく感じます。


【オススメSHOP&ITEM】
・万雄(BAN-YU)
我が家で愛用中のミストシャワーアロマ(レインボー)のメーカーさん。
加湿機能は特にありませんが、空気清浄機能のあるアロマアイテムを取り扱っています。

・lednardo(レオナルド)
お洒落な雑貨・家電・加湿器を沢山取り扱っています。
我が家の加湿器もそろそろ買い替えかな・・・。


<余談>
我が家の龍馬は硬いところに寝るのがイヤ。
だから、ペット用ヒーターとやらが苦手なようです。
買うには買ったものの、全く使ってくれません。
最近はソフトタイプのもあるとのことで、それもトライしましたがやっぱりダメ。
結局、リビングのホットカーペットか自分のベッド(ヒーターなし)でモフモフします。
良かれと思って買ってあげても、ご本人(ワン)が気に行ってくれなければタダのゴミ。
ペット用ヒーター購入の際は、愛犬の好みを考慮してしたほうが良さそうです。

にほんブログ村 犬ブログ チャイニーズクレステッドドッグへ
にほんブログ村

| チャイクレと暮らす注意点 | 17:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬を乗り切る!<§2:お洋服のタイプ>

チャイクレは本当に寒さに弱い!
だから、年中お洋服が必要です。

素材選びについては冬を乗り切る!<§1:お洋服の素材選び>をご覧頂くとして、ここでは実際に龍馬が愛用しているお洋服をベースに、お洋服の形・タイプごとのオススメをご紹介します。


<§2:お洋服のタイプ>
■ロンパースは何かと重宝!

龍馬愛用! オーガニックコットンのロンパース

ロンパース(つなぎ)は冬場に一番活躍するアイテムかもしれません。
薄手のものなら部屋着として、厚手のものなら外出着として使えます。
ロンパースなら冷えやすいお尻部分や手足部分もカバーできます。

手足が細長く、鳩胸&筋肉質なチャイクレにはイタグレ用がしっくりきます。
イタグレ用のお洋服なら手足までスッポリ、首周りもぬくぬくで寒さ知らずです。
一般的な犬種用のものだと寸足らずで、短パン・半そでになってしまうことが多いように感じます。

けれど、フリースなどの化学繊維製が多いのが難点。
イタグレもチャイクレも、皮膚トラブルが多く乾燥や静電気に弱い犬種なんだけどなぁ。
最近はイタグレ用のお洋服屋さんも増えていますので、お好みを探してみてください。

なお、ロンパースはサイズ選びが肝
サイズが合わないとズボン部分が脱げやすかったり、頭が入りにくかったりします。
メーカーによってもサイズが微妙に違いますので、購入前に愛犬のサイズ採寸を必ず行ってください。
もし可能なら、試着させてフィット感を確認してから購入するのがベスト。

地肌に着せるものなので、コットン・ジャージ・カットソーなどの動きやすく柔らかい素材が◎。
静電気が起きやすいフリース素材は、できるだけ地肌には着せないようにしています。

【オススメSHOP】
・grindog
・pim:liko(ピムリコ)
・IG WORKS
・ALPHA ICON(アルファアイコン)


■ボトムス&インナートップスは動きやすさ重視!

龍馬愛用の「as know as」の犬服♪

ボトムスとインナートップスについては通年利用できるベーシックなもが◎。
どうせ1年中使うものなので、偏りなく使えるものを私はあえて選ぶようにしています。
ヘビーユーズに対応できるものを選んでおかないと洗濯などに耐えられません。
だから、ベーシックなものほど質の良い素材・縫製にこだわって購入するようにしています。

寒くなったら重ね着をさせるので、ベースになるものは厚手になりすぎないものがベター。
龍馬の場合ボトムはデニム、インナートップスは無地のカットソーをベースに揃えています。

【オススメSHOP】
・as know as de wan


■アウター重ね着で体温管理!

「as know as」のアウターは人間顔負けの本格派!

犬に重ね着をさせることは、本来ならあまりお勧めできません。
重ね着をさせることによって犬の動きに制約ができやすくなるからです。

けれど、チャイクレにお洋服を着せる最大の目的は皮膚の保護と体温管理
時と場合によっては賢く重ね着をさせるほうがストレスが少なくなります。
部屋の中では薄手のものを、外に出る時は1枚上着を羽織る。
人間同様とまでは言いませんが、それに準じたルールでお洋服を着せてあげるのがベストです。

重ね着の鉄則として、犬の足の付け根部分にストレスがかかりにくいものを組み合わせます。
人間で言うと脇にあたる部分です。
ココは非常に良く動かす部分ですので生地が重ならないほうがストレスが少なくなります。
冬のお洋服はそもそも生地が厚めですので、それも計算に入れてアイテムを選びます。

例えば・・・。
長袖のインナーの上にはダウンベスト、ノースリーブのシャツの上には長袖のブルゾンなどを組み合わせます。
インナーは保湿性の高いコットン素材にしておくと、静電気防止にも役立ちます。

1日中外出する場合でも、脱着が簡単なアウターを1枚持って出掛けるのがオススメ。
屋内に入ったら薄着にして、屋外に出る時にアウターを重ねてあげれば暑くなりすぎることもありません。

【オススメSHOP】
・ALPHA ICON(アルファアイコン)


■防寒アクセサリーを上手に活用!

マフラーやマナーバンドも有効活用!

帽子やマフラーなどの防寒アクセサリーは、ファッション性重視のアイテムだと思われがちです。
しかし、被毛がなく寒いのが苦手なチャイクレにとっては大変有難いアイテムでもあります。

犬も人間同様、首周りを温めることが効果的。
マフラーやネックウォーマーなどで首周りを温めてあげれば、割と薄着でも大丈夫です。
お洒落で伸縮性の高いスヌードなら、ネックウォーマー代わりに使うこともできて便利。

本来防寒アイテムではありませんが、マナーベルトは腹巻き代わりにも使える優秀小物です。
個人的にはALPHA ICONのマナーバンドがオススメ。
立体縫製で、男のコにピッタリです。
女のコの場合は一般的なタイプ(平面縫製)のもので十分だと思います。
様々な素材のものがありますので、TPOに合わせたものを使い分けてみては?

帽子はオシャレなだけじゃないのだ。

帽子は慣れが必要なアイテムなので、慣れないコは脱いでしまいます。
でも、保温効果の高いアイテムですし、とにかく可愛いので、是非トライしてみてください!

【オススメSHOP】
・ALPHA ICON(アルファアイコン)
・GARDEN OF EDEN(ガーデンオブエデン)/犬の帽子
・iDOG

にほんブログ村 犬ブログ チャイニーズクレステッドドッグへ
にほんブログ村

| チャイクレと暮らす注意点 | 22:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。