チャイクレさん、いらっしゃい!

チャイニーズクレステッドドッグ(通称チャイクレ)の龍馬と暮らすことになったダメ飼い主が贈る、チャイクレ好きのための情報ブログです。愛犬便利グッズの情報をはじめ、くだらない小ネタまで幅広くお伝えします!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犬の行動を分析してみよう!

は学習能力が高い生き物です。
本能のままに行動しているわけではありません。
の行動は、本能的なもの学習によるものの2つに大きく分けられます。

分かりやすく、ここでは玄関のチャイム音に吠えるのきもちを分析してみます。
また、この分析からしつけ本の大嘘」を暴いてみることにします♪


【本能的な行動】
にはそもそも、群れる・学習する・闘う・守るという4つの基本本能があります。
玄関のチャイム音に対してが吠えるのは、その中の「闘う本能(防衛本能・警戒本能)」に由来します。
⇒『犬の本能とは?』を詳しく見る

何も知らない犬にとってみれば、玄関のチャイム音は警戒すべきもの
自分の群れやテリトリーを侵される危険を感じるのでしょう。
群れに「用心しろ!」と伝えるために吠えます。

これは本能です。


【学習による行動】
さて、玄関のチャイム音がなりました。
その時、「警戒しろ!」と一声吠えてみたところ、犬にとって良いことが起きたとします。
この時の良いことというのは、大抵が飼い主さんから構ってもらえた実体験です。

言葉では「ダメよ」と言っていても、飼い主の表情や声色が優しければ、犬は褒められたと感じます。
なでられたりなんかしたら、間違いなく褒められたと思いこみます。

そうすると、犬は「チャイム音がなる→吠える→いいことだ!」と学習します。
その結果、チャイム音がなるたびに吠えるようになります。

一方、チャイム音がして吠えても、犬にとっていいことがなかった、又は悪いことが起きたとします。
この時の悪いことというのは、飼い主さんから叱られた実体験です。

「いけない!」と凄味をもった声と表情で一喝されると、犬はビクっとします。
すると、犬は「チャイム音がなる→吠える→面白くない!」と学習します。

別の時、またチャイム音がなったとします。
叱られた経験から学習して吠えなかったところ、飼い主さんが褒めてくれたとします。
すると犬は「チャイム音がなる→吠えない→褒められる!」と学習します。
この繰り返しで、チャイム音がなっても吠えなくなります。


しつけ本の大嘘
しつけの本にはよく「無駄吠えは無視しろ」と書かれていますが、これは良くない
吠えて群れに危険を知らせるのは犬の本能
その本能に従って吠えているのに、飼い主さんが何も反応してくれない。
褒めも叱りもしてくれない。
犬にとってみれば、こんなに不安なことはありません。

「1回吠えただけじゃ伝わらないんだ」と学習した犬は、沢山吠えるようになります。
「小さい声じゃ伝わらないんだ」と学習した犬は大きな声で吠えるようになります。
本能と学習によって、こうして無駄吠えは強化されていきます。

でもよく考えてみてください。
そもそも、犬は何故吠えているの?
飼い主さんに危険を知らせるため、ただそれだけのために吠え続けているのです。
場合によっては、飼い主さんを守ろうと怖い気持ちを押し殺して必死に吠えていることもあるのです。
そんな健気な気持ちを無視するなんて、あんまりだと思いませんか?

無視したって、犬には何も伝わりません!
せめて一声、褒めるか叱るかしてあげてください。
そして善悪を学ばせる機会を与えてあげてください。
その機械を与えることなく無視するのは、あまりにも酷すぎます。

「無視する」というのは、犬のしつけのひとつの方法・選択肢ではあります。
そこまで問題行動にならないものの時には、無視も確かに有効なしつけ法かもしれません。
けれど、私には愛犬の声を無視することはできません。
それに、無視することがいいことだとも、しつけ法として正しいとも思えません。

犬のしつけには愛情が必要です。
愛情をもって接する時、本当に無視する必要があるでしょうか?
それよりも、犬たちの気持ちを少しでも理解できるよう、私たち人間が彼らの目線に立って物事を考えることのほうがよっぽど建設的ではないでしょうか?

犬たちは「この人に守られているんだ」と実感すれば、そんなに問題行動を起こしません。
そう犬たちに思ってもらえるよう、私たち人間が愛犬から尊敬される飼い主になることのほうがずっと簡単ではないでしょうか?

これまで、無視で無駄吠えが直ったという実体験談は聞いたことがありません。
そんなことくらいで無駄吠えがなくなるのなら、この世から「無駄吠え」という言葉自体がとっくに消えているはずです。
スポンサーサイト

| 「犬」を知る! | 08:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

犬の本能とは?

犬には大きく、4つの基本本能があります。

・群れる本能
・学習する本能
・闘う本能
・守る本能


この基本本能を知ることで、犬のきもち・本音がより理解しやすくなります。
・・・というわけで、以下、詳しく説明していくことにします。


【1:群れる本能】
(1)群棲本能
犬は本来、群れをつくって暮らし、その中で縦社会を築きます。
現代の犬たちは、飼い主家族を群れの単位として認識しています。

(2)服従本能
平和に暮らすため、犬は群れのリーダーに従属的な態度を取ります。
そうすることでリーダーに守られ、犬は平和と安心、幸せを手にします。

(3)権勢本能
群れの仲間が自分に従属的だと、犬は自分がリーダーになろうとします。
この時、主導権を得るために、吠えたり咬んだりして自分を強く見せようとします。


【2:学習する本能】
(1)遊戯本能
群れの中で遊びながら、犬は知能と体力を養います。
この時、優劣関係も学びます。
現代の犬たちは飼い主との遊びの中で、これを学びます。

(2)持来本能
犬には捕まえた獲物を家に持ち帰る習性があります。
この本能を遊びに利用すると、犬の脳が活性化されます。
その結果、犬は精神的な満足感も得られます。

(3)捜索本能
犬にはもともと、獲物を探しまわる習性があります。
事件の犯人を探しだす警察犬は、この能力を強化訓練されています。

(4)追跡本能
走る人間や自転車、猫などを見かけると猛ダッシュ!
これは、犬に逃げる獲物を追いかけるという習性があるからです。


【3:闘う本能】
(1)闘争本能
犬は本来、とっても平和的な生き物です。
でも、必要に迫られれば闘います。
自分の命を危険にさらすことになっても、です。
カッコイイ~♪

(2)逃走本能
おなじ「とうそう」でも、こちらは逃げる習性。
臆病な犬の保身術で、不安を感じると一目散に逃げます。
よわっちぃ~!

(3)防衛本能
群れや家、我が仔を守るために敵を威嚇、攻撃します。
だって、犬にとって群れは人生の全てですもの。
何としてでも守ろうとします。

(4)警戒本能
縄張りを守り、見知らぬものの侵入を警戒します。
その際、うなり声や吠え声を出します。
人間の足音にウゥーとうなったり、ワンワン吠えるのはこの本能のためです。

(5)監守本能
大事なものを他者に横取りされないように守ろうとします。
その証拠に、犬がご飯を食べている最中に、フードボールを取りあげてみてください。
「それ、返せ!」とうなり声をあげるはずです。
しつけられていなければ、即、咬まれます。
勇気があるかた、是非お試しを。
ちなみに、我が愛犬・龍馬は人間にご飯やおやつを取りあげられてもちっとも怒りません。
でも、他の犬におやつを横取りされそうになると本気で怒ります。
天使のような龍馬が悪魔の顔を見せるのは、このときだけです。

(6)自衛本能
他者を疑ったり不信感を覚えたりする習性があります。
結構、用心深いんです。
これも、自分の身を守るために必要な能力です。


【4:守る本能】
(1)養育本能
仔を育て、守ろうとします。
誰に教わったわけでもないのに、出産も子育てもちゃんとできます。
危険を感じたら、自分の仔を守るために、相手に危害を加えることもあります。
本来、母子間に見られる習性ですが、子育てに積極的な雄犬も結構います。
犬世界のイクメンは、かなりスパルタですけれどねw

(2)繁殖本能
雄犬は発情(ヒート)中の雌犬を追いかけまわします。
これは子孫を残そうとする原始的な習性です。
雄も雌も、優秀な子孫を残したい。
だから、お相手探しで血をみることもあります。
雌犬のマーキングは、雄犬への「私、今、発情中よ♪」のメッセージ。
大胆!

| 「犬」を知る! | 05:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

犬の被毛

一般的に、犬の体は被毛(ひもう)で覆われています。
この被毛にはちゃんとした役割があります。

被毛には外敵から皮膚を守ったり、体の乾燥を防ぐ働きがあります。
病原体の感染や侵入を防ぎ、水や汚れから身を守る効果もあります。
また、保温や感覚器官としての役割も担っています。

犬の被毛タイプの分類方法はいくつかあります。
大きくは被毛の生え方被毛の長さで分類します。


◆被毛の生え方で分類する
シングルコートダブルコートに分けられます。

(1)シングルコート:一重毛
一般に、一重の被毛のことを言います。
人間に例えるなら、1年中、シャツを1枚だけ着ている感じ。

厳密に言うと、シングルコートもダブルコート同様に下毛と上毛の二重構造になっています。
ですが、上毛が少なく下毛が良く発達した結果、下毛が被毛全体の多くを占めることになったため、シングルコート(一重毛)と呼ぶようになったと考えられます。
また、ダブルコート(二重毛)との比較を明確に区別するための端的な表現としてもピッタリだったので、この呼び方が定着したとも考えられます。

シングルコートは冬の寒さから身を守るための被毛をあまり必要としない温暖地で改良された犬種に多くみられます。
マルチーズ、プードル、ヨークシャーテリア、パピヨンなどはこのタイプです。
その他にボクサー、グレイハウンド、グレートデンなどが挙げられます。
ヘアレスドッグであるチャイニーズクレステッドドッグもこのタイプに該当します。
(とはいえ、そんなに毛自体がないんだけれど・・・)

シングルコートには換毛期がなく、抜け毛が少ないと言われています。
しかし、実際には季節によって抜け毛が増減することがないと言ったほうが適切。
1年を通して一定量の抜け毛があると考えたほうが賢明です。
シングルコートでも犬種によってはかなりの抜け毛があります。
その中でも抜け毛が非常に少ないと言われるのがプードルやチャイクレなどです。

(2)ダブルコート:二重毛
被毛が下毛(アンダーコート:緬毛)と上毛(オーバーコート:保護毛)の二重構造になっているものを指します。
人間に例えるなら、季節に合わせて2枚のお洋服を着たり脱いだりする感じ。

アンダーコートは「副毛」とも言われ、役割が人の肌着に似ています。
大変柔らかで細く、保温性に優れています。
一方のオーバーコートはやや硬くて太い被毛です。

ダブルコートは寒冷地で改良された犬種に多く見られます。
チワワ、コーギー、ポメラニアン、ミニチュア・シュナウザーなどがこのタイプです。
ハスキー、ゴールデンレトリバー、ボーダーコリー、M・ダックスなども同タイプ。
なお、四季がある日本生まれの犬(日本犬:和犬)は、ダブルコートの犬種に属します。

ダブルコートの個体は春と秋の年2回、衣替えをします。
これを換毛期と言います。
寒さが増してくる秋頃、寒さから体温を保つのに最適な柔らかな下毛が生えはじめます。
そして、冬が去り暖かくなってくる春頃に不要になった下毛が驚くほどゴッソリと抜けます。
このサイクルを繰り返します。


◆被毛の長さで分類する
ロングヘア(長毛)ショートヘア(短毛)の2種類に分けられます。
ショートヘアよりロングヘアのほうが抜け毛が少ないと言われています。


◆被毛の質感で分類する
(1)シルキーコート(Silky coat)
長毛で絹糸のように光沢があり、細かく柔らかい毛質を指します。

(2)ワイアーコート(Wire coat)
上毛が硬くバリバリした手触りの毛質を指し、ハッシュ・コートとも言われます。

| 「犬」を知る! | 03:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。