チャイクレさん、いらっしゃい!

チャイニーズクレステッドドッグ(通称チャイクレ)の龍馬と暮らすことになったダメ飼い主が贈る、チャイクレ好きのための情報ブログです。愛犬便利グッズの情報をはじめ、くだらない小ネタまで幅広くお伝えします!

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

静電気除電アクセサリー「B3alance」

寒くて乾燥するこの時期、厄介なのがパチパチ君
野生の族は土の上を歩き、化学繊維と無縁な生活を送っています。
だから、静電気が起きにくいと言えます。
もし帯電することがあっても、ちゃーんと放電できちゃう。

でも、私たち人間と暮らすたちは違います。
毛布、ベッドなど、彼らの生活の中には様々な化学繊維があります。
また、お散歩に出かける時にお洋服を着ることも。
都会で暮らすは特に、土の上を歩く機会もそんなに多いとは言えません。
当然ですが、うまく放電できず、体に静電気を貯め込んだ状態になってしまいます。


もともと私自身は静電気を感じにくいほうです。
でも、龍馬がいると話は別。
龍馬がお気に入りの毛布(マイクロフリース)にスリスリして帯電した状態だと・・・。


バチっ!


私にはその理由が分かるからいいけれど、龍馬には分からない。
静電気がストレスになっては可哀そうです。

「かーちゃんに近づくとバチっとすんのか?」
そう思われるのも困ります。

人間にとってもたちにとっても、帯電状態が続くのは良くない。
ストレス、肩こり、情緒不安、血液ドロドロの原因になります。

・・・で、探しましたよ。
静電気除去アイテムを。


ところが、思ったようなものがない!


ペット用のものがない訳じゃない。
でも、デザインがなぁ・・・。
価格から逆算すると仕方がないんでしょうけれどね。

かといって、人間用のものを龍馬に使うって言ってもなぁ。
手で触らなきゃいけないなんて、無理だしなぁ。
そもそも、おもちゃみたいで安っぽいのも嫌だし。


なので、メーカーさんに直接問い合わせちゃいました!


今回問い合わせたのは楽天 Express Sinzo(株式会社レガーロ)さん。
静電気に悩むの飼い主の気持ちを理解してくださると感じたので、こちらにお願いしてみました。

私からのお願いは以下3つ。

要望その1:アジャスター類がないのがいい
龍馬は毛深いけれど、一応ヘアレスドッグです。
首周りの毛はそんなに多くありません。
だから、一般のワンコ達ではあまり気にならないアジャスター部分が皮膚を刺激。
痒がったり痛がったり、場合によっては怪我をしたりします。
首周りにできた小さな怪我は本当に治りが悪い!
過去、用のアクセサリーのアジャスターで大失敗をしたことがあります。
だから、これは絶対条件!

要望その2:できるだけシンプルでお洒落なのがいい
お洒落に装飾をすれば、その分パーツが増えます。
でも、龍馬の皮膚を傷つける可能性がある装飾は不要。
けれども、お洒落なデザインじゃなきゃイヤ!

要望その3:犬と人間のがお揃いになるのが欲しい
龍馬だけにつけるより、私もつけていたほうがいいのかな?と。
それならお揃いがいいに決まってますっ!

言いたい放題です。

メールであーでもない、こーでもないと注文ばっかりの私。
それにも関らず、迅速かつとってもきめ細やかな対応!
サンプルをいくつもご提案いただきました。


・・・で出来ました!

B3alance(ビースリーバランス)

黒い部分はゴムの様に伸びる素材なので苦しくない!
犬の頭・人間の手をスポっと通せばいいだけ!
手軽です。

「アジャスター無しは構造上難しい」とのことでしたが、それもクリア!
メタルパーツで留めることで、アジャスターなしを実現してくださいました。

B3alance(スリービーバランス)パーツ部分


それだけじゃありません。
肌あたりが優しいようにと、細やかな配慮を頂きました。
わざわざ犬種:チャイニーズクレステッドドッグのことまで調べてくださったようです。
至れり尽くせりとは、まさにことことです。

そうそう、こんなのが欲しかったのよ~~~~~♪
装着後、龍馬の頭の毛の逆立ちがかなり改善しました。
毛布でモグモグしても、以前ほどぐしゃぐしゃ&ホワホワになりません。

いわさきさん、本当にありがとうございました!
この場を借りて、感謝申し上げます。

これで、パチパチ君とバイバイなんだってさ~。



【 追 記 】
こちらの商品、材質に有機導電性繊維を使用した静電気除電アクセサリーです。
でも、この商品をつければ完全に静電気とオサラバという訳でもありません。
静電気をためない配慮として、お洋服の組み合わせなど日常生活での工夫も必要です。

ちなみに、ウール(羊毛)とフリースの組み合わせは最悪
「静電気が起きないほうがおかしい」のだそうです。
その理論でいけば、犬(被毛)にフリースの洋服を着せるのはご法度です。
当然、パチパチ君の被害に合います。

とはいえ、寒い時期だからこそ着せたいですよね。
最近は放電効果のある繊維や糸を使ったフリースもあるそうです。
もし着せるならそういった素材を使用しているものにするのが良さそうです。

それが無理なら、ハンドクリームを塗った手で犬を触る、お洋服洗いに柔軟剤を使う、シャンプー時のリンスを念入りにするなどで、幾分犬の体に帯電した静電気を放電してあげられるそうです。

でも、龍馬のように皮膚が弱いコには以上3つの方法は多分向きません。
やっぱり、静電気除去・除電アイテムの力を借りた方が良さそうです。


【 参 考 】
静電気の仕組み
静電気防止・対策法と静電気除去法!
静電気って何モノ?:株式会社キーエンス



Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

| 秋・冬向け | 05:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。