チャイクレさん、いらっしゃい!

チャイニーズクレステッドドッグ(通称チャイクレ)の龍馬と暮らすことになったダメ飼い主が贈る、チャイクレ好きのための情報ブログです。愛犬便利グッズの情報をはじめ、くだらない小ネタまで幅広くお伝えします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「パウダーパフ」と「ヘアレス」がいる理由

チャイクレ比較

チャイニーズクレステッドドッグには大きく分けてパウダーパフヘアレスの2種類がいます。
同じお母さんから産まれても、毛のないコと毛がふっさふさのコがいるわけです。
面白いでしょ?

真意のほどは定かではありませんが、産まれたばかりの頃、ヘアレスのコばかりだと体温を奪われてしまうため、兄弟姉妹の中に湯たんぽ代わりになるパウダーパフが必ず必要なのだとか。

もともと、ヘアレスドッグというのは突然変異として生まれたと考えられています。
だからなのでしょうか。
ヘアレスは遺伝的に優勢とは言えず、パウダーパフの方が生まれやすいようです。
語弊を恐れずに言うならば、ヘアレスのコは劣性遺伝の賜物なわけです。
そのため、ヘアレスの個体には歯の数が足りない、爪の異常などの遺伝的欠陥が良く見られるのだそうです。

ブリーディング(交配)の観点から見ると、ヘアレス同士を交配すると流産や早産の危険性が高まると言われています。
そのため、遺伝的に優勢なパウダーパフのと掛け合わせて種を安定させる必要があるのだそうです。
なお、パウダーパフ同士で交配させた場合は遺伝的な問題は起こらないと言われています。

パウダーパフとヘアレスは似ても似つかぬ容姿のため、全く違う種に見られがちです。
しかし、この2タイプを別の種として扱えないのには以上のような理由があるわけです。

【写真引用:犬図鑑‐ペットのイエローページより】
関連記事
スポンサーサイト

| チャイクレってどんな犬? | 02:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rinakichi3.blog84.fc2.com/tb.php/10-da51e6b3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。