チャイクレさん、いらっしゃい!

チャイニーズクレステッドドッグ(通称チャイクレ)の龍馬と暮らすことになったダメ飼い主が贈る、チャイクレ好きのための情報ブログです。愛犬便利グッズの情報をはじめ、くだらない小ネタまで幅広くお伝えします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一緒にお出かけなら、断然「ペットカート」!

近所のカフェでマッタリな時も、ペットカートは便利!

愛犬とのおでかけはとても楽しいものです。
でも公共の乗り物などを使って出掛ける場合は、愛犬の重さがネックに。

我が愛犬の龍馬は5kg程度。
けれど、肩掛けタイプのキャリーバッグで1時間以上の移動となると結構大変。
ストラップ部分が肩に食い込んで痛いのよねぇ。

肩掛け部分の幅が広いものなどでも試してみましたが、やっぱりダメ。
痛みが幾分改善するだけで、肩コリの原因がなくなるわけではありませんでした。

同行者がいて荷物を持ってくれるなどのサポートがあれば別かもしれません。
でも、「ひとり1ワン」でお出かけの場合、キャリーバッグでの移動はかなりの負担になります。

自分の荷物と愛犬のお出かけグッズ。
その上、愛犬自身の重さ。
その全てを自分ひとりの肩と腕で何とかしなきゃいけません。


愛犬は窮屈な空間に入れられ、自分自身は荷物の重さと肩の痛みでクッタクタ。
考えただけでもため息が出るでしょ?

実際、目的地に着く頃にはグッタリ。
楽しいハズのお出かけも、移動で疲れるだけになってしまいます。



・・・というわけで、登場するのがペットカートです。



ペットカートがあれば、ひとり1ワンのお出かけでもスイスイ・ラクチンです。
キャリーバッグのほうが確かにコンパクトですが、使いだすとペットカートのほうが絶対に便利!
特に犬と一緒に旅行に行くなら、駅でも空港でも現地でも、間違いなくペットカートが活躍します。
これ、私の実感です。

ペットカートに慣れ過ぎちゃった私も龍馬も、カート無しでのおでかけなんてもう出来ません。
帰りに荷物が増えても、ペットカートで移動しれてばへっちゃらです。


以下、ペットカートの取扱いのある代表的なメーカー及びショップのリストです。
これまで沢山のカートを実際に見て、触ってきた私の独断と偏見による意見も併せてご紹介。
カート選びの参考になれば嬉しいです。

※リストは、カート1台あたりの平均価格が安いメーカー及びショップ順にしました。
※メーカー希望小売価格が高くても、実販売価格がかなり安いペットカートもあります。
そういったカートは安い価格を基準にリスト順をつけています。


◆マルカン おでかけカート
◆リッチェル ペットバギー ラコット
◆ボンビアルコン ペット用カート各種
◆ADD.MATE お散歩カート
以上のペットカートは、お求めやすい価格で販売されています。
大手量販店や大手ペットショップの店頭でもよく見かけますが、どれも驚くほど低価格です。
犬を乗せるスペースがやや深めで、飛び出しにくい設計になっているのが特徴。
しかしその結果として、犬が余計に出たがったり外を見たがって立ちあがったりして、ヘルニアを誘発する可能性も否めません。
もともとヘルニアになりやすいダックスちゃんなんかの体には大きな負担がかかるかも。
単純に激安ペットカート狙いなら、このあたりのラインがオススメ。


◆Ibiyaya ファーストクラス・3輪カート
ネットショップなどで、かなり安価で販売されています。
メーカー希望小売価格は割と高いのに実販売価格がここまで安いと、個人的には不安。
カート自体の性能は悪くないのかもしれませんが、なんか信用できない。


◆ペットパラダイス(通称:ペッパラ)ペットバギー・カート各種
キャラクター好きな方からは絶大な支持があるペッパラ。
コロコロバッグ系のキャリーは1万円台、カート(バギー)タイプなら2万円台で買えます。
カート(バギー)タイプは対面式としても使えるように設計されています。
こちらのカートもやや深めなお作りです。
見た目にはかなりキャッチーですが、場合によってはキャラクターが邪魔に感じるかも。
中に乗っているワンちゃんより、キャラクターのほうが目立ってしまうことがあります。


◆シャンアンジェ(caninange) 天使のカート
よく考えられたカートです。
2万円代~3万円代で販売されています。
全体として、女性っぽい丸みのあるデザインが特徴。
バッグ部分がしっかりしていて、天井ドームの高さもあります。
背の高いワンちゃん、狭いスペースが苦手なワンちゃんにオススメ
オプション類が割と充実しています。


◆FORM(フォルム)キャリーバッグ&ペットバギー
過去、グッドデザイン賞を受賞した商品です。
キャリーバッグとバギーフレームは別売りで、両方をセットすると3万円強。
機能的には良くできていると思います。
でも、もうちょいお洒落なほうが個人的には好みかな。
機能と見た目のデサイン、両方が伴わないとどうしても高く感じてしまいます。


◆フェリーチェ マザーカート
ラグジュアリーで機能的なペットカートの先駆的存在です。
その日の気分やファッションに合わせてバッグを変えられるお着替え系カートの代表格でもあります。
上下2段式カートやコンパクトなペットカートなど、「あったらいいな」なカートが見つかります。
お洒落度も機能性も、安全性も高いペットカートが欲しいというこだわり派のオーナーさんの所有率が高い気がします。

モノへのこだわりが強い私も、こちらのカートを愛用中。
ミニバギーアジリティーをベースに数台所有しています。
飛行機での旅行にも、お散歩や近所のカフェへお出かけするにも、ほぼ毎日使っています。

機能と安全性がしっかりしている分、平均価格はやや高め。
お手頃価格の2万円代から、高いものだと10万円近いものまであります。
でも、いずれもその価値があると思える商品です。
タイプにもよりますが、愛犬が乗るスペースはやや浅めで、深さはあまりありません。
中に乗るワンちゃんの腰に負担がかからないよう配慮されています。
どのクラスも、走行性・操作性共に価格に見合っていると思います。

お着替えバッグは丁寧に洗えばホームクリーニング可能。
しかも、バラしてしまえばペッチャンコになるのでかさばらない。
オプション系が弱い感じは否めませんが、これからに期待。
2段式カートを制作・販売してるのは、今のところここだけ。
多頭飼いの方、荷物の多い方、愛犬との旅行がお好きな方にオススメ


◆AirBuggy for Dog / エアバギーフォードッグ
走行性に優れた3輪スタイルを採用、エアタイヤ・ベアリングを搭載。
しっかりした作りで、走行に安定感があります。
見た目は結構大きめ。
アウトドアなイメージがちょっと強いように感じます。
機能美・デザイン性共に、個人的にはかなり好みです。

お値段はやや高額で4万円UP。
スペックから考えると妥当なラインです。
ただ、長い目で見ると「エアタイヤ」ってのがネック。

確かに、エアタイヤのほうがスムーズな操作性を実感できます。
けれど、自転車と同じで、タイヤのメンテナンスが割と頻繁に必要
メーカーも、1カ月に1回はタイヤの空気入れをするよう推奨しています。
エアタイヤってことは、当然ですが、パンクもします。

タイヤの空気入れにパンクの修理。
私みたいなヘビーユーザーには不向きな気がします。
パンクして修理に出すたびに使えなくなるなんて不便。
時々使う程度なら問題ないかもしれませんが、使いたい時にタイヤの調子が悪けりゃ使えないしなぁ。
・・・というわけで、見送り。


◆Mr.Mac(ミスターマック)Doggy Buggy・Doggy Buggy mini
見るからに頑丈で、結構大きなワンちゃんでも余裕で乗せられます。
このテのカートとしては耐荷重がケタ外れ!
小型犬でも重さのあるコ、多頭飼いの方にオススメ。
お値段は約8万円代と高めですが、公表耐荷重がこれだけあれば納得です。
好みがあるとは思いますが、デザインもお洒落です。

Mr.Macは愛犬との旅行に便利なアイテムを沢山製造・販売しているメーカー。
犬用のアウトドアベッドドッグシュラフ(犬の寝袋)なんてものも作っています。
カート自体も、ママ向けというよりは、どちらかというとパパ受けが良さそうなデザイン。
アウトドアシーンにもマッチするお作りです。

ファーストカート購入の際、私はMr.Macのカートを買おうかと悩みました。
でも、我が家の龍馬(5kg)にはフレームが頑丈すぎると判断、購入を見送りました。
丈夫なのはいいんだけれど、カート自体が重いので持ちあげるのが大変!
カートに乗るワンコが5kg程度なら、もっと軽いカートのほうが断然便利です。
それに、私の場合、アウトドアユーズより街乗りの方が圧倒的に多い。
だとすると、電車やバスなどの移動にはちょっと大き過ぎるかなぁーって印象もあります。
ちなみに、こちらのカートもエアバギー同様、エアタイヤを採用。
タイヤのメンテナンスが必要です。



【 余 談 】
私がペットカートを選ぶ際の基準はこんな感じ。

(1)安全性・耐久性が高いこと
(2)走行性がいいこと
(3)カートに乗る犬のことが良く考えられていること
(4)実際に乗る愛犬にとってちょうど良いサイズであること
(5)見た目がお洒落なこと・自分のファッションを邪魔しないこと
(6)コンパクトになる・軽量であること
(7)シーンによって様々に使い分けができること
(8)商品とお値段のバランスが妥当なこと


ペットカートはお値段が高ければいいというものでもありません。
けれど、ペットカートを買うことは、利便性と安全性を買うこととイコールです。
安い商品には安いなりの理由が、高い商品には高いなりの理由が必ずあります。

ペットカートの居住空間(犬が乗る場所)の広さについては賛否両論、意見が分かれます。
でも、大抵の犬は習性として割と狭い場所を好みますので、実はそんなに広くなくてもOK。
龍馬を参考にすると、高さはお座りをして頭が天井につくかなぁーくらい、奥行は体を丸めて寝られて伏せの姿勢もできる幅があれば十分な感じです。



Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

| 愛犬と一緒におでかけ! | 00:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rinakichi3.blog84.fc2.com/tb.php/122-f181d067

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。