チャイクレさん、いらっしゃい!

チャイニーズクレステッドドッグ(通称チャイクレ)の龍馬と暮らすことになったダメ飼い主が贈る、チャイクレ好きのための情報ブログです。愛犬便利グッズの情報をはじめ、くだらない小ネタまで幅広くお伝えします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペットと旅行に行く時の「ワースト8」って何?

飛行機に乗ってドライブもして、龍馬も一緒に家族旅行!


東京にも、春一番の風がやってきましたねぇ。
いよいよ、お出かけシーズン目前。
心も体もウキウキしてきます。

でも、愛犬と一緒にお出かけや旅行をするとなると・・・。
飼い主としては、心配や不安はつきものです。
そんな飼い主たちのキモチをデータ化したランキングを発見しました。
このランキングに沿って、筆者自身の愛犬・龍馬との旅行やおでかけの実体験に基づいたピリ辛コメントを。



ペットと旅行に行く場合の悪いところ ワースト8(2010年度)

1位:ペットも車に酔う場合がある
2位:ストレスのため1時間に1度は外を歩かせなければならない
3位:助手席にペットを乗せると事故につながりやすい
4位:ペットと泊れる宿が少ない
5位:飛行機はトラブルが多いみたい
6位:ドライブ中にトイレしちゃう
7位:住んでいるエリアでは縁のない病気に罹ってしまう事がある
8位:他の子とのトラブルがあるかもしれない


(以上、総合ランキングサイト:eriQoo.comより)



まず、1位の「ペットの車酔い」について。
人間も動物も、揺れに敏感であれば車に酔います。
でも、ある程度は慣れもあります。
心配ばかりで犬に車に乗る機会を与えなければ、いつまで経っても愛犬とドライブを楽しむことはできません。
そのためのトレーニングが犬にとってストレスだと思うなら車に乗せなきゃいい。
でも、長時間のお留守番のほうが可哀そうだと思うなら、車に乗せるトレーニングを。

愛犬と一緒に車でおでかけしたいなら、犬に車についての良い体験をさせポジティヴな記憶を植え付けます。
車に乗る⇒移動する⇒いいことがあると犬自身が学習してしまえば、以後、率先して車に乗るようになります。
この時の「いいこと」というのは、到着した先で思いっきり褒められた・沢山遊べたなどです。

このトレーニングは、成犬になってからでも遅くはありません。
けれど、成犬になってはじめて車に乗せるのと、若いうちにドライブを経験させるのとでは明らかに反応=慣れるまでのスピードが違います。
出来ればパピー(仔犬)のうちにドライブトレーニングを。

⇒ 「車でおでかけ!」の記事を見る...
⇒ 「愛犬とタクシーに乗る!」の記事を見る...



次に、2位の「ストレスのため1時間に1度は外を歩かせなければならない」について。
これ、正直なところ、意味が分かりません
犬の気持ちに寄り添って考えれば、「しなくちゃいけない」という感覚にならないでしょ?
愛する我が仔に対してそんな風に考えること自体、あり得ない。

トイレはどうかな?
のどは乾いてないかな?
新鮮な空気を吸わせてあげたいな。
酔わないようにしてあげたいな。

そう思うから、1時間に1回くらいは車を止めたくなる。
ただ、それだけのことだと思うんだけど・・・。
その結果として、犬のストレス解消にもなるってことじゃないのかなぁ。
でもって、お互いが笑顔になるってことでは?

ただの義務感で1時間に1回、車を止めるのと、犬への思いやりで車を止めるのとでは、その時間の意味も過ごし方も違ってきます。
犬とのお出かけで当たり前についてくる事柄を面倒に思うなら、一緒に出掛けることを考えないことです。
自分の気持ちを優先させることしかできないなら、犬とのお出かけは諦めた方が賢明です。



続いて、3位の「助手席にペットを乗せると事故につながりやすい」について。
そもそも論で言うなら、助手席に犬を乗せなきゃいい
キャリーの中に入れて後部座席に置いておけば、犬が原因で交通事故が起こる可能性は低くなります。
事故になるとしたら、その原因「飼い主のよそ見」じゃないかなぁーと私は思います。
助手席に乗る愛犬を常に気にしているんだもの、事故にあう確率が低いワケがない。


犬が車内を自由にウロウロするのは確かに危険。
これはドライビングキャリーを使う、犬用のシートベルトを装着させるなどである程度は解決できます。
要するに、飼い主側の工夫でいくらでも解決策があるワーストポイントってことです。



さて、4位の「ペットと泊れる宿が少ない」について。
そうそう、その通りっ!
まったくもって同感です。
非日常のお食事と気分を楽しみたい、いつもより贅沢な雰囲気を味わいたい。
その空間に、愛犬を同伴させたい。
ただそれだけのことなのに。
料金がちょっと高くなってもいいから、贅沢な犬との旅を応援してくれる旅館やホテルが増えてくれることを切に願います。



さてさて、5位の「飛行機はトラブルが多いみたい」について。
これは現状として、仕方がないとしか言えない気がします。
私自身、龍馬を飛行機に乗せる時はいつも不安を感じます。
いつの日か、客室内に愛犬を乗せられるようになって欲しいと願います。

特に、格安航空料金を打ち出している航空会社は犬への対応も雑。
ブランド力・信頼性のあるANA・JAL系が断然オススメです。

⇒ 「飛行機でおでかけ!」の記事を見る...
⇒ 「愛犬と海外旅行!」の記事を見る...



6位の「ドライブ中にトイレしちゃう」について。
普段ちゃんとトイレができるのに、車に乗るとチビっちゃう。
そんな場合は、車が怖いとか車内が嫌だとか、ストレスなどの原因があるはず。
それを解決してあげるようにすれば大丈夫かも。
この問題も、飼い主さん次第で解決策がいくらでもあると感じます。

トイレを我慢できないくらい長時間車に乗せていた場合も、おもらしはあります。
でも、これは問題外
犬は言葉を話せません。
トイレに行きたくっても、言葉で伝えられません。
その気持ちをくみ取ってあげられるのは飼い主さんだけ。
それを放っておいて「犬がおもらしをする」というのはあんまりです。



7位の「住んでいるエリアでは縁のない病気に罹ってしまう事がある」について。
あらかじめ現地の流行病などが分かっている場合は行かなきゃいい。
でも、そうでない時は・・・?

気持ちは分からなくはありません。
でも、心配し過ぎると楽しいことも楽しくなくなっちゃいます。
そんなことまで心配していると、犬と一緒でなくても、自分自身だって旅行になんか行けない

旅行先で何らかの病気をもらってくることより、近所の散歩中やドッグラン、動物病院などで病気をもらうことのほうが圧倒的に多いと私は思いますけれどねぇ。



最後に、8位の「他の子とのトラブルがあるかもしれない」について。
トラブルが起きるかどうかは飼い主さん次第です。
自分の愛犬が加害者になるのか、被害者になるのかは分かりません。
でも、いずれにしたって、飼い主がトラブルを起こさないよう配慮すればいいだけのこと。
飼い主がちゃんと行動を管理していれば、犬たちが勝手にトラブルを起こすことはありません。

心ない飼い主がいるのは、まぎれもない事実です。
大抵の場合、そういった飼い主によってトラブルは引き起こされます。

私も龍馬も、そのような飼い主とその犬に散々な目にあわされたことがあります。
でも、犬たちは悪くない。
やっぱり悪いのは飼い主です。



ちなみに、私個人としての「ペットと旅行に行く場合の悪いところ ワースト8」は以下の通り。
・・・この程度ですw


第1位:愛犬同伴で入れる飲食店が少ない!
一緒に入れても、席が限定されていて暑かったり寒かったりする。
冬のテラス席なんて、寒過ぎて龍馬も私も座っていられません・・・。

第2位:愛犬同伴で入場できる場所が少ない!
入場場所を制限されることが多いのは残念。人間の子どもよりよっぽど静かなのになぁ。

第3位:愛犬と一緒に泊まれる宿がイケてない!
純和風な温泉旅館とか、ラグジュアリーなホテルに泊まりたいっ!

第4位:荷物が多くなりがち!
これは仕方がないから諦めてます。もっとコンパクトになれば嬉しいけれど、そうもいかないし。

第5位:ギョッとした目で見られることがある。
都会だとカートに乗る犬も見慣れたものですが、田舎に行くと違います。
場所によっては犬が乗ったカートを蹴られることもあります。
悲しいことだけど。

第6位:愛犬がトイレを間違う・我慢してしまう
家の中でならペットシーツでできるおしっこも、旅行ではちょっと・・・。
普段と環境が変わってしまうので、トイレの粗相確率が上がっちゃう。
龍馬はトイレを我慢しやすいので、場合によっては用を足さないことも。
だから、旅行の時には普段使わないマナーベルトが活躍します。

第7位:疲れ果てる
普段の労を労おうと、愛犬と本気で遊んで風呂にも入って・・・。
心地よい気だるさを通り越して、グッタリです。
気持ちの良いグッタリなんだけど、宿から動けないこともw

第8位:寝不足になる
知人・友人・家族など気の置けない仲間と一緒の旅行だと、積もる話もあります。
そこに愛犬がいればリラックス効果は抜群。
いつも以上に饒舌になった結果、みーんな寝不足になっちゃいます。
それなのに「パワー回復&やる気フル充填」なんだから、面白いものです。
関連記事
スポンサーサイト

| おでかけの前に・・・ | 16:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rinakichi3.blog84.fc2.com/tb.php/131-cabb5b94

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。