チャイクレさん、いらっしゃい!

チャイニーズクレステッドドッグ(通称チャイクレ)の龍馬と暮らすことになったダメ飼い主が贈る、チャイクレ好きのための情報ブログです。愛犬便利グッズの情報をはじめ、くだらない小ネタまで幅広くお伝えします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛犬の「被ばく」が気になる!

福島県郡山市の避難所で、ペット犬の放射線レベルを測定する担当者(2011年3月20日撮影)
<出典:AFP BBNews>


水道水から放射性物質が計測され、野菜の出荷停止が相次ぐ。
風評被害も含め、災害の影響で日常生活にも様々な影響が出ています。

さて、個人的に気になるのは愛犬への影響です。
人間のことはメディアでも散々報じられているので大丈夫だと分かってきました。
でも、愛犬への影響は?
体が小さいから何らかの影響を受けちゃうんじゃないの?
そんなことを思っているのは私だけじゃないみたい(笑)。

今更ですが、以下、いくつか調べてみました。
その結果、別に問題がなさそうだと分かってホッとしました。
結局、正しい知識をもって、正しく「怖がる」ことが大事なんだと痛感しました。



◆獣医師広報板:ペットへの放射線被ばくの影響について

【要約】
都内における動物の放射性物質からの被ばくは、全く心配いらない数値。
仮に犬や猫が放射性物質を付着させて帰ってきたとしても、今現在の数値であれば、特に処置は要らないと考えられる。

本当に除染が必要なケースの場合、被毛を丸刈りして洗浄しなくてはならない。
また、その洗った水も流してしまうことはできないし、濡れた体を拭いたタオルも捨てられない。
本当に危険レベルの放射線量となったら、専門家しか対応のしようがない。

新聞テレビで見る放射線測定の姿には、服に付着した物質を着衣ごと脱ぎ捨てることに目的がある。
測定する側の白い服では放射線を遮蔽するには不十分。
すなわち、避難指示地域とその境界線付近においても、人体に危険を及ぼすレベルの放射線量には至っていないがゆえのことと判断できる。

現在の放射線量であれば、日常、人間の病院で扱われている線量の方がはるかに高いし、電磁波として考えれば携帯電話の方がレベルが上ではないかと思われる。
人体への危険を考慮しなくてはならない線量ということになると、現状では福島の原子炉とその周辺だけに限定される。


◆犬への放射線問題を理解する

【要約】
動物が被ばくすることでガンの発症リスクが上昇するか否かは、現在まで調べられていない。
ヒトの被ばくの蓄積によるガン発症への影響は10年以上の潜伏期間をかけて現れる。
そのため、寿命の短い犬猫への影響は論じられていない。
(論じること自体が無意味だとの説が有力)

飼い主が被ばくを懸念し過剰反応を続けると、その影響で動物たちもストレスを受ける。
そのことが、地震によって愛犬が受けた心のトラウマに追い打ちをかけることになってしまう。
現在のところ、人間も動物も被ばくを恐れるほどの数値は計測されていない。
だから、日常生活を淡々と継続することのほうが大事。


◆犬猫の放射性物質の摂取について
放射性ヨウ素を水道水1キロあたり210ベクレルを検出した場合(23日の金町浄水場の数値)、犬猫への体の影響を獣医さんが解説。

【要約】
体が小さいことを考慮しても、210ベクレル程度の数値なら、毎日3リットルの水を1年間飲んだ場合に影響があるかもしれないという程度。
つまり、過剰に問題視、注意する必要はない。
ちなみに、飲泉療法にも良いとされている鳥取県の三朝温泉のお湯は2000~2500ベクレル/リットルくらい。

自然の放射線は年間2.4ミリシーベルトくらい。
ヒトが日常生活において自然被ばくする値は、1年間に1ミリシーベルトと言われている。

1万ベクレルのヨウ素は0.22ミリシーベルトの内部被爆を起こす。
とすると、1ミリシーベルトの内部被爆を起こすには、210ベクレルのヨウ素水を1年間に216リットル飲むことに。
1日に換算すると、593ミリリットル。
これは毎日飲んでも安全と言われている量。

放射線業務従事者が1年に浴びても良い被爆量での安全基準は50ミリシーベルト以下。
毎日30リットル以上その水を飲むと基準オーバーになる。
以上は人の場合だが、動物でも同様と考えられる。
関連記事
スポンサーサイト

| 筆者:ダメ飼い主がモノ申す | 15:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rinakichi3.blog84.fc2.com/tb.php/158-df92fa4c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。