チャイクレさん、いらっしゃい!

チャイニーズクレステッドドッグ(通称チャイクレ)の龍馬と暮らすことになったダメ飼い主が贈る、チャイクレ好きのための情報ブログです。愛犬便利グッズの情報をはじめ、くだらない小ネタまで幅広くお伝えします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペットフード安全法≒ザル法?!

愛がん動物用飼料(ペットフード)の安全性の確保を図るため、平成21年6月1日から、「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(ペットフード安全法)が施行されました。

法律の対象となるのは犬及び猫用のペットフードです。

これにより、ペットの健康に悪影響を及ぼすペットフードの製造、輸入又は販売は禁止されます。消費者に対して適切かつ十分な情報を提供するために製造業者名や賞味期限などの表示が義務付けられます。また、国は国内に流通するペットフードを監視し、問題が起きた時はその廃棄、回収を事業者に対して命令することができます。


環境省自然環境局 総務課 動物愛護管理室HPより


このペットフード安全法、中身を良く見てみると突っ込みどころ満載です。
その一例を挙げてみます。

ペットフード安全法に関するQ&Aより
Q3-7 ペットフードの原材料に含まれる添加物を表示する必要はありますか。


A3-7 ペットフードの製造に使用した添加物を記載しますが、原材料に含まれる添加物の表示までは義務付けていませんので、任意表示となります。例えば「かにかま」や「チーズ」などの食品をペットフードに配合する場合、「かにかま」、「チーズ」を原材料名として表示します。
「かにかま」に赤い色素が使用されている場合、色素を原材料として表示することは任意ですが、消費者からの問い合わせには対応できるようにしておくことが望ましいと考えられます。
また、いわゆる加工助剤については、表示を省略することができます。


ペットフードの製造に使用した添加物は全て開示するんでしょ?
だったら、なぜ原材料に含まれる添加物の表示は任意なの?


そもそも、高品質のフードならば原材料に妙な加工品なんか使いません。
だから原材料に含まれる添加物なんてほとんど発生しません。
もしあったとしても、常識の範囲内にとどまるはずです。
自社フードに自信があるメーカーは、法律の有無に関係なく、添加物も含めて原材料の全てを開示し、その材料ひとつひとつに対し、消費者が納得するに足りる説明をしてくれます。

けれど、粗悪フードの場合は加工品を加工したものを原材料にするわけです。
粗悪フードを作るメーカーほど、原材料をはじめ、様々なことを公表したがりません。
原材料になるまでの過程で、どれだけの添加物が混ぜ込まれたか知れたものではありません。
原材料の加工品に4Dミートを使っているのならトレーサビリティなんて不要ですし、そもそも本当の意味での原材料の公表なんてできるはずがありません。
でも、そこは消費者に知らせる義務はない。
これなら粗悪フードメーカーも怖くない。
だって任意なんだもの、表示しなきゃバレないんだから、表示するはずがありません。

それに、加工助剤の表示を省略できるってことだけど、助剤だって立派な添加物でしょ?
それを沢山使ってたらどうなわけ?
それでも、最終製品になった時に定める基準とやらをクリアしてればいいってわけ?


何かヘンじゃない??


私は食品添加物についてそんなに神経質なほうではありません。
自分のものならジャンクフードだって全然平気だし、添加物てんこ盛りでもいい。
味気ないもの食べるくらいなら美味しいものが食べたいから、それでもいいと思っています。

もちろん、無添加がいいのは間違いないけれど、自分のものを自分で選んで食べるんだから、その結果についても完全に自己責任だと考えています。
賞味期限ギリギリの食品を買って食べてお腹を壊しても自分を責めればいい。
自ら望んでリスクを背負うことを選んだのだから、仕方がないと思えます。

けれど、人間と暮らす犬たちは違う。
我が愛犬・龍馬は、私が選んだものしか食べられない。
自分にぴったりな食べ物を自分で選んで買って食べることは一生出来ません。
彼らは自ら選択することが全くできないのに、常にリスクだけを一方的に背負わされることになるのです。

私が与えた食べ物を食べ龍馬がお腹を壊したとしても、龍馬は私を責めたりしません。
でも、龍馬に一切の責任はないのに、龍馬自身が体調不良という代償を支払うことになる。
そんなの、理不尽でしょう?


愛犬の体は食べ物でできています。
そして、愛犬の命の責任は、常に飼い主にある。

だから私は龍馬に与える前に、まず私自身がフードを食べる。
表示された内容だけを信じず、自分で味わって自分の感覚や知識を総動員して判断する。
結局のところ、本当に安全かどうかを判断するのは、飼い主である私しかいないのだから。


ペットフード安全法は、愛犬(愛猫)や愛犬家(愛猫家)のための法律なんかじゃない。
ペットフードメーカーを束ねる団体が社会の風潮に応えてとりあえず作っただけのものでしかない。
だからフードメーカの逃げ道もちゃんと用意された内容になっています。
そんなザル法で何が変わるのでしょうか。

法が制定・施行される前に比べれば幾分改善はあったかもしれません。
けれど、業界全体の意識改革が行われたわけでもなく、グレーゾーンをオープンにしたわけでもありません。

フード業界の闇は結局一般の人の目に曝されることなく、けれども、一般人の生活を常に脅かしながら、これからも膨れ上がっていくのです。

にほんブログ村 犬ブログ チャイニーズクレステッドドッグへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 「犬」の食事・食育! | 14:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rinakichi3.blog84.fc2.com/tb.php/204-ac7560cb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。