チャイクレさん、いらっしゃい!

チャイニーズクレステッドドッグ(通称チャイクレ)の龍馬と暮らすことになったダメ飼い主が贈る、チャイクレ好きのための情報ブログです。愛犬便利グッズの情報をはじめ、くだらない小ネタまで幅広くお伝えします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人間レベルの原料を使ったフードは安心か?!

ドッグフードにも人間の食品安全基準をベースに開発されたものや、人間用食材を原料にしたものが数パーセントは存在します。

人間用の食材(ヒューマンレベル)を原料に使ったフードなら、少なくとも普段私たちが日常で食べているものと同等レベルの安全性が確保されていると考えられます。

それらを主食としていれば、有害物質が少なく、人間並みの食生活を送ることができると言えますし、結果的に、犬が皮膚炎やアレルギーなどを起こす可能性は低くなると思われます。

さらに原材料にオーガニック食材を使ったものや、原材料を含めてトレーサビリティ(生産履歴管理)がしっかりしている食材を使ったフードで、合成酸化防止剤不使用、残留農薬未検出というものであれば、知識なく作った手作り食よりもバランスが良く、犬にとって安全である可能性が高いと言えるでしょう。

けれど、ちょっと待って下さい。

人間用の食材を使っているというだけで、そのフード自体が非常に良いもののように思えてきますが、「人間用(ヒューマンレベル)の食材使用」と書かれた文字を額面通りに受け取る前に「人間用(ヒューマンレベル)の食材」という言葉の真偽を考えてみてください。

ヒューマンレベルの食材と言っても、その品質は実に様々です。

人間の食品でも、見た目や食材自身、加工された食品やその商品名は似たり寄ったりでも、量販店で出回る添加物がいっぱいのものもあれば、こだわりの原料を使った無添加のものまで数多あります。例えば、一般的なスーパーで売られている食材と高級食材店で販売されている食材とでは、明らかに価格も品質も違います。その中から私たちは自分の生活や嗜好、趣向などに合わせて食品や食材を選んでいます。これはペットフードにも同じことが言えます。

ペットフード会社は慈善団体ではありません。
綺麗事をいくら並べても、根底はビジネスありき。
ペットフードを世間の人々に買ってもらって、利益を出さなければ意味がない。
だから、ペットフードを作る際、一般ユーザーが手に取りやすい価格設定を行います。
概ねの販売価格が決まったところで、利益が出る原料を探すことになります。

当然、プレミアムフードと銘打たれた商品にも同じことがあてはまります。
そうでなければ、犬の食性を熟知・考慮して、ヒューマンレベルの新鮮で上質な肉や野菜、果物などの材料だけをふんだんに使って、無添加にとことんこだわっているものが、1kgあたり1,500円を切る価格で買えるはずがありません

利益度外視であれば高品質なフードを安く販売することも可能です。
けれど、そのような商品なら一般市場で大量に流通することはほぼ不可能なはずです。

スーパーなどで販売されている精肉だって、安くても100g100円程度はします。
飼育環境や生産者が明らかなものほど、100gあたりの価格が高いのは当然です。
ましてや、オールオーガニックにこだわるのならより一層高価になるのは明らかです。
本物の「安心・安全」は決して安くないのです。

犬たちのフード1kgを作るためには、その何倍もの材料(肉や野菜など)が必要です。
だから、安く作ろうとすれば添加物も増えますし、穀類の含有率も増えます。

値段が高いから高品質だとは言いません。
けれど、価格が品質を見極めるバロメーターであることは間違いありません。
本当の意味でのヒューマングレードとはそういうものです。


にほんブログ村 犬ブログ チャイニーズクレステッドドッグへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 「犬」の食事・食育! | 03:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rinakichi3.blog84.fc2.com/tb.php/205-066ba3e7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。