チャイクレさん、いらっしゃい!

チャイニーズクレステッドドッグ(通称チャイクレ)の龍馬と暮らすことになったダメ飼い主が贈る、チャイクレ好きのための情報ブログです。愛犬便利グッズの情報をはじめ、くだらない小ネタまで幅広くお伝えします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チャイクレのお洋服選びのポイント

チャイニーズクレステッドドッグには、通年、お洋服が必要です。
理由は被毛がない(足りない)から。

それ以外にもお洋服を着せることにはいくつか理由があります。
⇒『わんこ服の必要性』を詳しく見る・・・


・・・なんだけど。


実はチャイニーズクレステッドドッグお洋服選びはちょいと厄介です。
最初の頃、私も結構失敗しました。
それを踏まえて、私なりに思うチャイクレお洋服選びのポイントをまとめてみました。


(1)迷ったら、イタグレ用を!
チャイニ―ズクレステッドドッグの体は一般に華奢だと言われます。
でも、実際はそうでもありません。
見た目以上に、実は筋肉質。
胸囲は太く、張り出しています。
分かりやすく例えると、痩せマッチョでハト胸なわけです。
そのうえ、プードルやヨーキーのように全体のバランスが綺麗な箱型ってワケでもない。
胴の長さはダックス寄り、足の長さはプードル並み、という微妙すぎる体つきです。
体型が微妙すぎるんです・・・。

ダックス用のお洋服だと、丈はピッタリです。
でも、袖や裾は全然寸足らずです。
プードルなど人気種向けに開発されたお洋服の場合は胸囲を基準にして買います。
でもこれだと、場合によっては胸周り以外が大きすぎたりします。

・・・で思考錯誤、色々試した結果、イタグレちゃん用のものがいいと判明。
イタリアングレーハウンドとチャイニーズクレステッドドッグ
似ても似つかぬように思えますが、実は体型的・種的特徴が良く似ています。
両者ともに弓型の体、細く長い足と尻尾を持ち、かなりの寒がりさんです。
跳躍力があり、よく体を動かします。
また、皮膚トラブルを起こしやすいという共通点もあります。

イタグレちゃんもチャイクレ同様、一般のわんこ服ではサイズが合いません。
そのため、イタグレ用のお洋服メーカーは大抵イタグレオーナーさんが立ち上げています。
自分の愛のためにお洋服を作って売っているメーカーさん、信頼できますよね。
だからだと思いますが、オーナー目線の良いお品が多いように感じます。

イタグレ用のお洋服は、チャイクレにはちょっと袖が長め。
でも、それ以外はオーダーしたかのようにピッタリです。
つなぎ(ロンパース)は特にオススメ。
一般向けに作られたものよりも、明らかに快適そうです。
その他、イタグレを含め、サイトハウンド用に開発されたお洋服や品物も、チャイクレに合います。


(2)素材選びも慎重に!
皮膚が露出しているチャイニーズクレステッドドッグは、ウールアレルギーを起こしやすいと言います。
ほかにも、チクチク・カユカユになる素材は避けておいたほうが無難。
人間だってそうだけれど、チクチクするのって不快ですしね。
お洋服のチクチクした刺激は、皮膚トラブルの原因にもなります。
どうしてもセーターを着せたいのなら、良質のカシミヤがオススメ。

また、普段着せるものも、できるだけ天然素材のものを選んであげて。
化学繊維モノだと静電気が起きやすいし、肌の乾燥を助長することもあります。
できるだけ肌なじみがいい優しい素材のものを選んであげたいものです。


(3)耐久性・縫製の良さもチェック!
チャイニーズクレステッドドッグは皮膚の露出部分が多い種です。
だから、人間のお洋服選びと同じくらい厳しい基準でお洋服選びをしてあげてほしいものです。

縫製が雑なものは耐久性が低く、型崩れもしやすい傾向があります。
(そりゃぁ、当然ですね)
チャイクレは他の犬種以上にお洋服を着る機会が多い犬種。
その分、お洋服の洗濯回数も増えます。
できるなら手洗いをしてあげたいものですが、忙しい人ならばそうとばかりはいかない。
だから、洗濯機でゴロゴロやっちゃっても耐えられるものがオススメです。

もちろん、見た目も大事です。
でもね、ただ可愛いだけ、お洒落なだけならお洋服を着せないほうがいい。
縫製が雑だと、その部分が皮膚に当たって本人(ワン)が嫌がります。
当然、皮膚はトラブルを起こします。

実体験ですが、デザイン性の高さだけで選んだお洋服はたった1回の洗濯にも耐えられませんでした。
また、人気わんこブランドのお洋服だからといって縫製がいいわけでもありません。


(4)着まわしの良さも考慮!
チャイニーズクレステッドドッグは、日常的にお洋服が必要な犬種です。
だから、人間同様に、用途や目的に合わせたお洋服が必要になります。
とはいえ、良いものを買おうと思えば、それなりの出費になります。
正直、決して安くはありません。
・・・ということで、着まわしの良さも考慮しておいたほうが無難。

犬に負担をかけないよう、できるだけ重ね着をさせないほうが良いとは思います。
けれど、気温や場所、犬の健康状態などによって重ね着ができるもののほうが便利ですし、断然活躍します。
人間と同じですw
だから、私はできるだけシンプルで着まわしの良いものを選ぶようにしています。


(5)機能性とデザイン性のバランス!
どうせ愛犬にお洋服を着せるならお洒落なもの、カワイイものがいい!
そう思うのはごく自然なこと。
犬服にお洒落は関係ない、機能的であればいいとの意見もありますが、私はそうは思いません。
けれど、まず機能的でなければ、どんなにお洒落でも意味はないとも思います。

例えば、装飾がいっぱいのものは、お出かけ用にはいいけれど普段着には向きません。
でも、ドッグランに行くのにスパンコールいっぱいのフリフリじゃ場違いです。
かといって、人間のパジャマのような素材感、色柄の犬服じゃ、犬と人間のファッションバランスが悪くなります。

私は愛犬を自分の子どものように愛おしく思っています。
それと同じくらい、自分のライフスタイルも大切にしています。
だから、愛犬に窮屈な思いもさせたくないし、ヘンな格好もさせたくない。
ただの見栄っ張りなのかもしれないけれど、素直にそう思います。
関連記事
スポンサーサイト

| チャイクレと暮らす注意点 | 16:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rinakichi3.blog84.fc2.com/tb.php/35-9bcfc788

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。