チャイクレさん、いらっしゃい!

チャイニーズクレステッドドッグ(通称チャイクレ)の龍馬と暮らすことになったダメ飼い主が贈る、チャイクレ好きのための情報ブログです。愛犬便利グッズの情報をはじめ、くだらない小ネタまで幅広くお伝えします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

しつけはスタートが肝心?!

しつけは小さいうちから始めたほうがいいとは思います。
でも、これは絶対条件じゃない
そのほうがいいよ、のレベルです。
になってからでもしつけは十分可能です。

右も左も分からないパピーの頃は、スポンジが水を吸収するように何でもすぐに覚えます。
でも、自我がはっきりしてくると、そう簡単にはいかない。
じっくりゆっくり時間をかけて、根気よくやるしかありません。
だからしつけは小さいうちがいいというだけのこと。

ところが、しつけ本なんかに書かれている内容にしばられている人って結構多い。
おかしいと思いませんか?
しつけの「時期」にしばられるのはナンセンスな話です。

人間だってそうでしょ?
いくつになってもやり直せる。
そう言うじゃない。
それなのに、何故にはそれが出来ないと思うんでしょう?
そんなにをバカにしちゃぁいけません♪

それよりもっと大切なのは、と向き合うこと。
愛情をしっかり注いであげることです。
当たり前過ぎて誰も教えてくれませんが、コレが一番大事です。

パピー期に人間の愛情を沢山受けているは、人間と絆を結ぶのが上手になります。
でも、この時期に人からの愛情をうけていないと、人間との絆づくりが下手なコになります。

その大事な時期に人間と触れあう機会が少なかった我が愛:龍馬クン。
やっぱりというか、当然のことながら、未だに人間があんまり好きではありません。
(キレイなおねーちゃんは除く)
トレーニングで、だいぶ免疫はついたみたいなんだけどねぇ~。

龍馬に本格的にしつけを始めたのは生後1年を過ぎてからですが、全然問題ありません
人に迷惑をかけるような行動もほとんどありません。

今も毎日何らかのトレーニングを行っていますが、楽しみながらなので苦になりません。
龍馬も楽しそうに、時々面倒くさそうに、私の指示に従ってくれます。

頑張り過ぎて育児(犬)ノイローゼになるのは、犬も人間も不幸なだけ。
しつけは毎日の生活の中でちょっとずつ、継続的にやるほうがずっといい。
気長にやりゃぁ~いいんです。

人間だって犬だって、死ぬまで勉強です!



Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

| 「犬」のしつけ・トレーニング! | 00:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rinakichi3.blog84.fc2.com/tb.php/43-7e9e12b2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。